つらいワキ汗と気になる匂いについて

つらいワキ汗と気になるにおい

若い頃(20代半ば)に永久脱毛の施術を受けました。
ワキ汗や、ワキのにおいが気になるようになったのは、その後からではないかと言う記憶があります。

 

夏場は当然ですが、冬でも、つまり一年中、ワキ汗をかきます。
身体を動かさず、人と会話をしているだけでもかきます。

 

 

ですので、ドラッグストアで手に入る市販の汗パッドは年中必需品です。
自宅洗濯が不可能な洋服の時は、必ずパッドを付けます。

 

また、夏場の外出時はお手洗いの際、ウェットティッシュを使ってワキを拭くようにしています。

 

汗が多いと言う事は、においも出ていると言う事で、夏場の汗のにおいは自分でも閉口します。
仕事から帰宅して着替える時、ワキに鼻を近づけると、なんとも名状しがたいにおいを感じます。

 

実は以前、付き合っている男性に、「好きな人のにおいだから大丈夫」と、
オブラートに包んだ表現で、ワキのにおいを指摘された事があります。

 

自分では気を付けていたはずなのに、
やっぱりにおっていたんだ!とかなりショックを受けました。

 

しばらく顔を合わすのも恥ずかしくて嫌でした。
たまに会社などで、体臭のきつい人だなと感じる男性はいますが、
女性の私が、周囲を不快にしていたかもしれないとは、考えただけで堪らない気持ちになりました。

 

以来、汗をかいたと自覚した後、他人と距離を近づけて会話をする場面などでは、
無意識に一歩下がって相手から離れるようになりました。

 

一歩では意味がないのでしょうが。

 

その後、真剣に対策を考えるようになり、
手術以前に何か手の施しようがないかと模索し、ネットの口コミからロールオンタイプの制汗剤を試しました。

 

しかし、肌の弱い私には、その商品は刺激が強すぎたようで、
肌荒れを起こしてしまい、塗り続ける事はとてもできませんでした。

 

メスを入れて手術すると言うのは勇気が要ります。
ですのでその決心はその後も今もついていません。

 

ウェットティッシュをまるごと持ち歩いてできるだけこまめに拭く、
と言う対処しかなく、今では汗を抑える事は諦めています。